Make House株式会社ロゴ

SHARE:

工務店が取るべき集客方法10選!集客のコツや注意点も解説

更新日:2024年7月7日(日)

「工務店の集客方法がわからない…」
「どうすれば受注を増やせるのだろうか?」

多くの工務店経営者の方がこのように頭を悩ませているのではないでしょうか。少子高齢化による住宅着工件数の減少や、インターネットの普及による集客方法の変化など、工務店を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。

従来の口コミや紹介だけでは、もはや十分な集客は望めません。生き残りをかけて、新たな集客方法を模索することが何よりも大切です。

今回の記事では、工務店が取り組むべき効果的な集客方法を10個に厳選してご紹介します。また、 工務店の集客で押さえるべきコツ集客についても解説。集客についてお悩みの工務店経営者の方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること

  • 工務店が取るべき集客方法
  • 工務店の集客で押さえるべきコツ
  • 工務店の集客における注意点

※当社、Makehouseでは工務店に特化した集客支援サービスを実施しています。工務店ならではの戦略をご紹介している資料なので、ご興味があれば今すぐ以下のボタンから詳細をチェックしてみてください。

工務店が取るべき集客方法10選

工務店が取るべき集客方法10選として、以下を厳選しました。

それぞれの集客方法について、詳しく見ていきましょう。

集客方法1:ホームページの活用

工務店にとってホームページは、24時間365日営業する優秀な営業マンのような存在です。ホームページを通じて自社の強みや特徴を伝え、見込み客の関心を引き付けられます。

特に施工事例は見られることが多いため、画像やテキストでお客様の共感を得られるストーリー性のある内容にすることが重要です。また、問い合わせ導線を最適化し、スマートフォンにも対応することで、問い合わせ数の増加につなげられるでしょう。

ホームページを見て資料請求や無料相談を検討する人が多いので、見やすく使いやすいサイト作りが何よりも大切です。

以下の記事でさらに詳しくホームページ戦略について解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

工務店・建築会社がホームページを集客に繋げる方法|WEBサイトの重要性も解説

集客方法2:SEO

SEOとは検索エンジン最適化の略称で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果で上位表示されるように施策を実施することです。自社のホームページがターゲットとするキーワードで上位表示されれば、見込み客の流入増加が期待できます。

ターゲットキーワードの選定には、自社の強みや提供するサービスを踏まえた上で需要と競合状況を分析することが大切です。 また、SEOの効果を高めるためには、ホームページ上で有益なコンテンツを継続的に提供するコンテンツマーケティングが欠かせません。

工務店のSEOについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

自社サイトのSEO対策は行っていますか?工務店がSEO対策をするメリットや施策を解説!

集客方法3:SNSマーケティング

SNSは自社の情報を発信し、見込み客とコミュニケーションを取るのに最適なツールです。FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSには、それぞれ特徴があります。

例えば、Instagramは写真や動画の投稿に特化したSNSで、施工事例や日常の様子を伝えるのに適しています。 一方、Facebookはコミュニティ形成に向いておりイベント告知や顧客とのコミュニケーションに活用できます。

それぞれのSNSの特徴を押さえた上で、自社にとって最適な戦略や運営を考えることが大切です。

工務店が使うべきSNSについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてください。

工務店が押さえておくべきSNS3選!SNSを活用して集客アップを目指す方法はこれ!

集客方法4:広告の活用

インターネット広告には、リスティング広告とディスプレイ広告の2種類があります。リスティング広告は、特定のキーワードで検索したユーザーに表示される広告で、即効性が高いのが特徴です。

一方、ディスプレイ広告はサイトの内容に合わせて表示されるバナー広告で、ブランディング効果が期待できます。広告を出稿する際はターゲットとする地域や属性を明確にし、予算配分を最適化することが重要です。

また、広告の内容も見込み客の心に響くようなクリエイティブにすることが求められます。広告はSEOと同じく専門的な知識を要するので、自社で運用するノウハウがない場合は外注を行うのがおすすめです。

集客方法5:チラシ・DMの配布

チラシやDMは、ターゲットエリアの顧客に直接アプローチできる点が強みです。新築やリフォームを検討中の世帯に絞ってアプローチすれば、高い効果が期待できます。

チラシやDMを作成する際は、自社の強みを明確に伝え、見込み客の興味を引くデザインにすることが大切です。 また、問い合わせ先や申込方法をわかりやすく記載し、行動を促す必要があります。

チラシ・DMの配布はアナログな手法ですが、現在でも通用する手法なのでおすすめです。

集客方法6:イベント・セミナーへの参加

住宅関連のイベントやセミナーに参加することで、自社の認知度向上と見込み客の獲得が期待できます。 イベントやセミナーの内容を企画する際はターゲットとする客層を明確にし、興味を引くテーマを設定することが重要です。

会場の選定や告知方法にも気を配り、多くの人に参加してもらえるよう工夫しましょう。また、イベントやセミナー後のアフターフォローも大切で参加者との関係性を維持し、将来的な受注につなげていくことが求められます。

せっかくつながった見込み顧客を手放さないように、メールやDMで継続的にコミュニケーションを取りましょう。

集客方法7:ポータルサイトへの登録

住宅関連のポータルサイトに自社を登録することで、見込み客の目に留まる機会が増えます。ポータルサイトには、多くの工務店が登録しているため、ライバルと切り口を変えて自社の強みを明確に打ち出すことが重要です。

登録する際は会社概要や施工事例、お客様の声などを充実させ、見込み客に自社を選んでもらえるよう工夫しましょう。ポータルサイトからの問い合わせに対して、機会損失につながらないようにスピーディーに対応し、見込み客との信頼関係を築くことが大切です。

集客方法8:看板の活用

看板は、地域に根差した工務店の集客には欠かせない存在です。事務所や施工現場、モデルハウスなどに看板を設置することで、地域の人々に自社の存在をアピールできます。

看板のデザインはシンプルかつインパクトのあるものにし、通行人の目に留まるようにしましょう。また、看板に問い合わせ先を記載することで見込み客からの連絡を促せます。

ただし、看板の効果は正確に測定することは難しいのがデメリットです。あくまでもメインの集客ではなく、サブの集客方法と捉えましょう。

集客方法9:メルマガの配信

メルマガは、見込み客や既存客とのコミュニケーションツールとして活用できます。定期的にメルマガを配信することで、自社の最新情報やお得な情報を見込み客や既存客に届けられます。

件名や本文の工夫により、開封率やクリック率を高めることも大切です。読者の反応を分析し、タイトルや配信内容の改善を継続的に行うことで、見込み客の獲得や既存客のリピート率向上につなげられるでしょう。

集客方法10:雑誌・フリーペーパーの掲載

住宅関連の雑誌やフリーペーパーに自社の情報を掲載してもらうことで、見込み客の獲得が期待できます。 雑誌やフリーペーパーは、ターゲットとする地域や客層に特化している場合が多いため、効果的なアプローチが可能です。

雑誌・フリーペーパーでは、自社の強みや特徴を明確に伝えることが重要です。また、写真や図表を使って視覚的に自社の強みや特徴をわかりやすく伝えましょう。

ただし、雑誌やフリーペーパーへの掲載には一定のコストがかかるため、事前に費用対効果を見積もった上で検討することが賢明です。

工務店の集客で押さえるべきコツ

工務店の集客で押さえるべきコツとして、以下の3つが大切です。

いずれも欠かせないポイントなので、ぜひ参考にしてみてください。

事前にターゲット層を明確にする

工務店の集客において、ターゲット層を明確にすることは重要です。自社の強みや特徴を活かせる顧客層を見極め、戦略的にアプローチすることで効果的な集客が実現します。

ターゲットを絞り込む際は、年齢層や家族構成、ライフスタイル、予算など多角的な視点から分析する必要があります。例えば、子育て世代をターゲットにする場合は、安全性や将来性を重視した提案や訴求が効果的です。

一方、高齢者向けの場合は、バリアフリー設計や間取りの可変性をアピールすることが有効です。ターゲット層を明確にすると訴求の切り口を考えやすくなるので、ぜひ意識してみましょう。

オンラインとオフラインの施策を組み合わせる

効果的な集客を実現するには、オンラインとオフラインの施策をバランスよく組み合わせることが重要です。ホームページやSNSなどのオンライン施策は、幅広い層へのアプローチと情報発信に適しています。

一方、チラシや看板、イベントなどのオフライン施策は、地域密着型の集客に効果を発揮します。両者を連携させることで、より効果的なマーケティング戦略を展開できます。

例えば、チラシにQRコードを掲載してLINE登録を促すなど、オンラインとオフラインの相乗効果を狙うと良いでしょう。

工務店に特化したパートナーに集客を外注する

自社で集客に十分なリソースを割けない場合、工務店に特化したパートナーへの外注も一つの選択肢です。専門知識と経験を持つパートナーと協力することで、より効率的かつ効果的な集客活動が実現できます。

外注によって社内のリソースを本業に集中させつつ、専門家のノウハウを活用して成果を上げられます。ただし、パートナー選びは慎重に行い、自社の理念や目標と合致した企業を選ぶことが重要です。

当社、Makehouseでは工務店に特化した集客サポートを実施しております。以下のリンクから無料で工務店集客に関する資料をダウンロードできるので、ぜひチェックしてみてください。

工務店の集客における注意点

工務店の集客における注意点は、以下の3つです。

外さないように心がけましょう。

ターゲット層を見誤らないようにする

工務店の集客において、ターゲット層の見極めは極めて重要です。自社の強みや特徴に合わない顧客層へのアプローチは、時間とリソースの無駄遣いになりかねません。

例えば、高級住宅に特化した工務店が低価格帯の顧客をターゲットに訴求しても、効果は期待できません。ターゲット層を誤ると、広告費用や営業努力が無駄になり費用対効果が大幅に低下します。

適切なターゲティングを行うことで、限られたリソースを最大限に活用し、効率的な集客を実現できます。自社の商品、顧客データや意見をもとにターゲットを明確にイメージするところから始めましょう。

問い合わせ後の対応を疎かにしない

集客活動で獲得した問い合わせを成約につなげるには、その後のフォローが不可欠です。問い合わせへの対応が遅れたり、不十分だったりするとせっかくの見込み客を逃してしまう可能性が高くなります。

特に、住宅建築は大きな決断を伴うため、顧客の不安や疑問に丁寧かつスピーディに応える必要があります。問い合わせ後の対応を行える体制を整え、顧客との信頼関係を十分に築くことが重要な課題です。

ホームページの質を疎かにしない

現代の住宅購入者の多くは、ホームページを見て資料請求や無料相談を検討します。ホームページの質は工務店の印象や信頼性に直結し、集客に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。

使いにくいサイトデザインや見にくいレイアウトは、訪問者の離脱を招き、問い合わせの機会を逃す原因になります。ホームページの定期的な更新や改善を行い、常に最善の状態を維持することが大切です。

まとめ|工務店の集客強化ならMakehouseにお任せください!

工務店の集客方法は多種多様なので、自社に合ったものを行うべきです。今回の記事では、効果的な集客方法として、ホームページの活用やSEO対策、SNSマーケティング、広告活用など多くのアプローチを紹介しました。

今回紹介した集客方法を適切に実践し、継続的に改善することで、工務店の認知度向上と顧客獲得につながります。記事の内容を参考に自社にとって最適な集客戦略を構築し、ビジネスの成長を実現してください。

工務店の最大の課題である「集客」について、大手と異なった独自の戦略で進めるのがおすすめです。工務店の集客のコツは以下の資料で学べるので、以下のリンクから無料でダウンロードしてみてください。