Make House
Make House
家を、その価値が成長する資産に

 

Make House

日本の住宅の平均寿命は、わずか30年余り。
長寿の国であるにも関わらず、日本の家は驚くほど短命です。欧米では築100年を超える家も珍しくはありません。
さらに、年月を重ねるほどに価値が高まる家もあります。その差はどこにあるのでしょうか?ライフスタイルの変化に適応できない設計。
強さも、美しさも、年 月と共に衰える建材の使用。そして何よりも家を守ってくれる職人が身近にいないことです。
Make Houseは、設計・建材・職人のあるべき理想を追求し、日本の家を、「価値が成長していく家」へ変えていきます。

お知らせ

高度な設計技法

設計の質が、そのまま家の質になる

色褪せない外観デザインはもちろん、耐震構造、快適な生活導線、収納プラン、そして建材の選択まで、家の「質」は設計の段階ですべてが決まります。
しかし、建築士にはそれぞれ得意分野があり、一人の建築士が全ての設計を担当すると、細部にわたって質を保てない場合があります。
Make Houseは、設計の精度を高く保つため複数の建築士の専門性を活かしたチームを構成し、快適さ、住みやすさから安全性まで、細部までスキのない家づくりを行います。
日本の家を、価値が成長していく家へ変えていきます。

設計の質が、そのまま家の質になる

変わらない強さと、変えられる快適さを

Make Houseのリフォーム・家づくりの大きな特徴は外壁で家を支える高度な耐震性を保つスケルトン(構造媒体)と、柱も不要で間取りを自由に変化できるインフィル(居住空間)。街並みと共に歴史を重ねていける強くて朽ちない外観を持ちながら、いつでもフレキシブルに必要な間取りや収納スペース、最適な動線を描きなおすリフォームが可能です。

変わらない強さと、変えられる快適さを
変わらない強さと、変えられる快適さを
変わらない強さと、変えられる快適さを

技術力ある職人

職人の魂が宿り、家は生き続ける。

職人の魂が宿り、家は生き続ける。

日本の家が短命になった理由。そのひとつに、家を建てた職人と施主との関係が分断されていることもあげられます。家は、建てたら終わりではありません。住む人と職人がいっしょになって守り育てていくことで価値ある家へと成長します。
Make Houseの家づくりは、提携する近隣の工務店が担当するため、万一の場合もきめ細やかな対応を継続的なメンテナンスを受けられます。その家を知り尽くした職人が家を守る。それこそが、家を長持ちさせ、価値を高めていく大切な要素です。

コストを下げて、家の質を上げる。

家のコストを左右するには、工期に必要な月日の長さです。そして、工期に時間をかけることが家の質を上げることではありません。
Make Houseは、工程や部位ごとに職人の仕事を分業化し生産性を向上。工期を通常の1/3に短縮すると共に、それぞれの仕事の質も高めます。
コストを下げることが、家の質を上げることに結びつく。それが、Make Houseで家をつくる大きなメリットです。

コストを下げて、家の質を上げる。

建材へのこだわり

年月を重ねるほど美しくなる家は建材がちがいます。

年月を重ねるほど美しくなる家は建材がちがいます。

良い建材とは、年月を味方にして味わいや美しさを増していく建材です。
Make Houseは、経年により朽ちていく人工的な建材ではなく、良質な自然素材、確かな職人の手によって造られる建材を使用します。

Make House

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-2-16 3F

tel:03-6450-2957

CONTACT